不動産投資コラム マンション投資の鉄人

マンション投資の鉄人

第九の鉄人   神奈川県厚木市在住 S.M.(不動産コンサルタント) 

力への欲望。:不動産は一豊の妻。

おそらく、全てのモチベーションの根源に有るのは力への欲望です。そして、力を得た後これを社会の為に使うか私腹を肥やす為に使うかはその人の倫理観の問題です。



しかし、ほとんどの凡人はこれを誤解しています。そして、あたかも力を求める事自体が悪であるかのように言います。いや、中にはわかっていて自分が得る事ができなかった力を後輩達が得るのを恐れてそう言う老人もいるのかもしれません。



若者は天に与えられた資質を使って自己の力の最大化を計らなければいけません。何らかの力を獲得しない限り、望むと望まないにかかわらずその人生の結果は河原の小石です。そして、自己の優越意識と外部の自分に対する認識の大きな差が昇華できなくなった時、エリートの子供を殺したり、駅に放火したりともはや犯罪者となって有名になるしかないところまで落ちてしまうのです。



偽メール事件でなかなか辞めなくて結局事が大きくなってしまった人がいましたが、凡人です。議員バッジという目先の欲望の成果を捨てる事ができなかったのです。武士は誤りに気付いたらすぐ腹を切らなければいけません。結局そういう潔い行動が再挑戦を可能にするという事がわからなかったのです。この事件は突き詰めれば志の無さや人物の小ささを証明してしまったという事です。この件は力を求める人達には良い反面教師でしょう。



お金持ちになれば公徳心の無い人だって税金だけは逃れる事はできません。最低これだけでも社会の為に役立っているのです。口先で奇麗事を色々言うよりもよほど社会的に存在価値は有るのではないでしょうか。もちろん、ソロスさんのように富を社会貢献に還元する事がよりすばらしい事である事は言うまでもありません。



人生で為したい事が有る人もまだ定まっていない人も、それを成す為の力の獲得をまず目標に置く事です。事を成す為の手段も今回に限っては目標にしなければいけないのです。なぜなら力は必要条件だからです。

力というのはなにも財力に限った事ではありません。政治家としての信頼性や人気も力ですし、企業での地位も力でしょう。しかし、ほとんどの人が置かれた現状から最も近い力は財力です。

願望は実現すると言ってもSFのような夢が実現するわけではありません、願望は着実な資産形成というふうに現実的でなければいけないのです。



今日本も米国も社会の雰囲気は団塊の世代の着陸に向けて非常に安定指向に振れています。着陸態勢の飛行機は極度に気流の乱れを嫌うものです。しかし、狡猾な人間はこういう弱みを突いて来ます。こういう時こそ兜の緒を締めて備えなければいけません。桶狭間で勝利した信長が本能寺で破れたように、天は伏兵で人間を試すものです。



デルファイは破綻後も労資交渉が決着せずストライキに入ると言われています。今回の不動産バブルでいかに米人が狂ってしまったか如実に表しています。日本の何処に倒産した会社でストライキをやる愚か者がいるでしょうか。彼らは政治が既にワーキングクラスの生き死にに興味が無いという事に気付いていないのです。そう、階層社会では政治は下層を切り捨てる、必然的な流れなのです。



さあ、皆さんは力を付けて何を為したいでしょうか。さすが武士の国と言われるような人になってほしいと私は思うのですが。

そう、武士のあなたにとって不動産はいずれ一豊の妻のようにあなたを助けてくれるのですよ。

戻る 目次 次へ

メインメニュー

物件検索

マンション物件リクエスト

不動産コラム・体験談

マンション関連法

困ったときは

会社情報

リンク集

リンクポリシー

当サイトはリンクフリーです。相互リンクも募集中です。
リンク依頼はEメールinfo2@chukomansion.netにてお願いします。

携帯サイト

QR_Code スマートフォンサイトは
こちら
スタッフ集合写真