不動産投資コラム マンション投資の鉄人

マンション投資の鉄人

第九の鉄人   神奈川県厚木市在住 S.M.(不動産コンサルタント)

捨てないから集中できない。 :40にして惑わず。

"選択と集中というお話は何度もしてきましたが、頭ではわかっても実際となるとできないのが捨てる事です。英会話にしてもなぜ三日坊主で終わってしまうのでしょうか。そう最初の志ばかり高くて色々な事をやろうとして昂揚から醒めた時こなせなくなってしまうのです。文法もヒアリングも単語の暗記も全部やろうなんて思ってはいけません、コア以外捨てれば良いのです。気が乗らない時は15分のヒアリングで良いのです、蓄積が力なのです。


色々な人達と話をして感じるのは、頭の中の整理ができていないなあという事です。冷静に考えれば人生においてやらなければいけない事、未来を良い方向に変える事というものはほんの少ししかありません。割り切って考えれば未来に影響の無い事など全て捨ててしまえば良いのです。

『捨てる技術』という本が有りますが、全くその通りなのです。だいたい、思い出の有る物はならともかく、ブックオフに行けばわかりますが、中古品の価格なんて有りません。こんな物で部屋が埋まっている為に広い所に引っ越そうなんて発想は本末転倒です。

そして、その延長上でついでに頭の中のガラクタも捨ててしまえば良いのです。捨てて身軽になってこそ精神が集中できるのです。


しかし、そもそもプライオリティという言葉さえ知らない人が時々いるのには驚きます。捨てるにはまず優先順位が必要です。まあ、玉石混交という言葉が有るという事はやはりこれができない人が多いという事かもしれませんが、物事には優先順位が有ります。

アクションは優先順位をつけて緊急度・重要度の高い方からやるのです。その日にできなかった事でどうでもよい事はどうでもよいのです。将来的にほっておいても自分に害が及ばないようなメールに時間をかけても何も産まれません。

という事で、社会人の皆さんが本当にやらなければいけない事なんてたいした量はありません。極端な話今晩蒸発したとしてもしばらくすれば何も無かったように社会はアジャストされ数年経てば記憶からさえ消えてしまうでしょう。


未来を変えるのは何も難しい話ではありません、資産の卵を一つ産み落とせば良いのです。自分は投資の事はよくわからないと思われているかもしれません。確かに自分よりよく知った利口な人間には正攻法では勝てないでしょう。でもそれは皆同じです、上には上がいます。そういう人間と競わなければ良いのです。何もオリンピックに出ようというのではありません。たかが1億円の財を築こうなんて草野球で勝つようなものです。勝てそうにない敵と勝負をしなくても誰も卑怯とは言いません。そして少しずつ力を蓄えれば良いのです。昔はあのトヨタでさえ蛸壺と言われながらも力を蓄えたのです。


正直な話私など、何処に先行投資すれば他人を出し抜いて楽々お金が転がり込んで来るか、これを課題の一つとしていつも考えています。以前も言いましたが、人間は便利なもので、いつも考えている事に関して脳がどんどん先鋭化して行きます、そしてある日一流のプレイヤーになれるのです。私が色々な後輩を観察した結果ではだいたい40歳までに能力的な決着はつくような気がします。20代で読んだ時には気が付きませんでしたが、40歳を過ぎてみると、論語の40にして惑わずというのは、経験則のような気がします。


現在、私はリーの成功の意外さから、どのような要因が人間を成功に導くのか色々な若者と話をしながら、実証検討をしています。

ただ一つはっきりしているのは、緻密でありながらどこかすこっと抜けて破天荒な人間の進捗が良いようです。おそらく適性検査をすればなんらかの傾向が出るような気がします。
こういう性格でない人はどうしたら良いか?それは『神が天賦の才の不平等を決めたのだからその結果の不平等は仕方が無い。』というマルサスの言葉に示されている通りでしょう。

人間なんて所詮、釈迦の手の平の孫悟空なのですから、天命には逆らえません。
"

戻る 目次 次へ

メインメニュー

物件検索

マンション物件リクエスト

不動産コラム・体験談

マンション関連法

困ったときは

会社情報

リンク集

リンクポリシー

当サイトはリンクフリーです。相互リンクも募集中です。
リンク依頼はEメールinfo2@chukomansion.netにてお願いします。

携帯サイト

QR_Code スマートフォンサイトは
こちら
スタッフ集合写真