不動産投資コラム マンション投資の鉄人

マンション投資の鉄人

第九の鉄人   神奈川県厚木市在住 S.M.(不動産コンサルタント)

不動産投資をためらっている人達に。 part2

"ところで、自転車は一旦乗れるようになれば、ご近所をすいすい走り廻れるようになるのにそれほど苦労はいりません。しかし、投資の世界で勝ち続ける為には、やはりMTBで野山を走れるようにならなければいけません。こうなると練習だけではありません。やはり、天性の素質の影響というものがどうしても出てきます。


皆さんもスキーなど同じ頃に始めたのにどんどん上達してしまう友人がいたような経験が有るはずです。私はこういう感が良い人間に対し残念ながら素質の無い人間は努力では勝てないと思います。なぜならそういう領域では素質のある人は上達が面白くてどんどんのめり込んでいってしまうからです。だから逆に考えれば、自分にとって面白くてしかたがないというものを見つける事が競争優位に立つ秘訣だと思います。人によっては、それは不動産ではなく株や為替かもしれません。面白くも無い事をいやいやながらやる人間は、楽しんでやっている人間には絶対に勝てません。楽しんでやっている人間にとって、練習は努力ではなく遊びなのですから。


そして、ビジネスは継続性が重要です。株で儲けたという人はよくいますが、これを継続的なビジネスモデルにしているのは極小数の人です。ビジネスの全体像が見えて来たら、どういう仕組みで利益が出ているのか、それは継続性・普遍性が有るのか。利益を減少させる要因は何か等、よく考えてみてください。継続性が無ければすぐに行き詰まりますし、変動要因を見誤っても中期的に破綻します。経験を積んでバランス感覚を磨いてください。

最後にくどいようですが、不動産投資は目的ではなく手段です。あくまでも目的は資産形成であり資産防衛です。重要なのは、日本が将来どのような経済状態に置かれようと資産家としての財力を維持できる資産増殖モデルを構築&運用して行く事です。

私が不動産投資を奨めるのは、私がこの分野が得意というだけの理由です。皆さんは自分が得意なところを色々探してみられるのが良いと思います。

今回は究極の知恵:プラジュナー パーラミター『色即是空、空即是色』を引用させて頂きましたが、興味の有る方は『般若心経』の訳を読まれると良いと思います。なぜならば、財を持つとその心労に押し潰されるという方が少なからずいるからです。実際にキャッシュフローが有る時は『宵越しの金は持たない。』というのは精神的には楽なのです。

まあ、ぼろ車に乗っていれば隣の車にドアをぶつけられても気にならないのに、新車だと駐車する所にも気を使うようなものでしょうか。

人間、物を持つと執着心が起こります、必要以上の執着には気を付けてください。


人間はハイランダーのようにインモータルではありません、誰もが最初は初心者なのです。そしてベテランのコンペティターがいたとしてもいずれは老いて死んで行くのです。未熟さを恥ずかしいと思う必要はありません、誰もが来た道なのです。


人間は愚かな生き物です、津波が来るから之より下に家を建てるなという先人の石碑が有るのに石碑より下に家を建てて、次の津波で死んでしまうのです。何の根拠も無いのにこうありたいと思うと大丈夫だと自分に思い込ませるのです。そして、他者もそれに追従します。そして、皆海のもくずとなってしまうのです。

日本は大丈夫だよ。・・・何の根拠もありません。私もこうあってほしいとは思いますが。


経済全体のパイが拡大する時代は終わりました、敵をやらねば自分がやられる、一昔前のハードボイルドより厳しい現実が皆さんを待っているという事実をまず認識してください。そして、投資をやったところで実際に億万長者として勝ち残れるのは数%でしょう、やらなければ・・・。


ショーメ、コンコルド、ジェムケリー、カルチェ、ローレックス、ペルゴ、エテルナ、コルム、ブルガリ、エルメス、クリソベルキャッツアイ、ルビー、サファイヤ、エメラルド、アレキサンドライト・・・知らなくても人生を送るのに困る事はないでしょう。しかし、優れた宝飾品を知らないまま人生を終えるのは少し惜しいような気がします。


『これ見ろや双眸の色、語らざれば憂無きに似たり。』宝飾品だけでなく、世の中には人類が成し遂げたすばらしいものがたくさんあります、人間として産まれたからには先人が達した事は全て知りたいと思われませんか。

"

戻る 目次 次へ

メインメニュー

物件検索

マンション物件リクエスト

不動産コラム・体験談

マンション関連法

困ったときは

会社情報

リンク集

リンクポリシー

当サイトはリンクフリーです。相互リンクも募集中です。
リンク依頼はEメールinfo2@chukomansion.netにてお願いします。

携帯サイト

QR_Code スマートフォンサイトは
こちら
スタッフ集合写真