不動産投資コラム マンション投資の鉄人

マンション投資の鉄人

第九の鉄人   神奈川県厚木市在住 S.M.(不動産コンサルタント)

不動産投資をためらっている人達に。 part1

(誰でも最初は難しい。)

"多くの事を書いて来ましたが、大事な事を忘れていました。投資は、経験者には簡単ですが、未経験者がいざ始めようとすると最初大変難しいという事です。自転車に乗る練習を始めた時の事を思い出してください。自転車は他人が乗っているのを見るととても簡単そうです。しかし、実際にハンドルを握ってみると、見るのとは違って非常に難しいと感じられたのではないでしょうか。新しい事を始めるのは、自転車も投資も全く同じです。最初は気が遠くなるほど困難に感じるものです。


ところで、自転車に乗る前も乗り方についていろいろな事を人に聞かれたでしょう。しかし、そんなものを聞いたところで自転車に乗れるようになれなかったはずです。投資の億万長者の成功体験も同じです。そんな物を読んで億万長者になれるのなら、今頃、読書家はみんな億万長者になっているでしょう。こういう読み物は、ある程度こつを掴んだ後、我流でやるよりは先人の進め方の知恵として多少効率良くできるという程度のものにすぎません。人生の中で学ばれているように運動神経や相場観のような能力向上には経験しかありません。

『不立文字』という言葉が仏教にあります、書かれた物そのものには真理は無いというものです。書かれた物というのはわかっている人間がそれから真理を想起できるという物なのです。自分に経験の無い事は『読めども読めず。』です。とにかく、投資は自転車と同じです。転んでも自動車にひかれないような安全なところで少しずつ始めて体で覚えていくしかありません。


自転車の練習をしている時に擦り傷の一つも作らなかった人はいないでしょう。投資も同じです、おそらく成功している人で、一度も痛い目に合わなかった人はいないでしょう。自転車も怪我を恐れ過ぎるとうまくなりません。まあ、あまり恐れないで500万円くらい捨てた気持ちで投資する事でしょう。こうやってマンションを1戸買って経験を積んで行けばだんだん血となり肉となって行きます。この経験による知識の蓄積こそ後々競争力になるのです。始めなければ何も変わりません。やっていて面白ければ拡大して行けば良いし、自分にむいてないと思えばその1戸でやめれば良いのです。

とにかく、最初から大物を狙ってはいけません、最初は身の丈に合った小さな自転車でトライする方が簡単ですし、やめる時の損失も最小にできます。素人が慣れない内に大物を抱え込んでしまうとヘミングウェイの老人と海のように獲物に振り回されてしまう事になってしまいます。


私の同級生に自転車の練習がいやだったのでしょうか、結局乗れないままの人が何人かいます。サイクリングロードを風を切って走るあの爽快感を知らないで人生を送るなど私には信じれません。おそらく、皆さんも同感でしょう。投資も同じです、よくこんな楽しい事を知らないで人生を送って来たものだと経験を積む内にきっと思われるはずです。世の中、努力に対する報酬はそれは大きいものです。自転車に乗る為の一時的な練習に比べれば、その後の人生を通して得る成果がいかに大きいものであるかはあらためて言う必要はないでしょう。


人間には色々な嗜好が有ります。私は、スピード狂なのでスポーツはスキーとか好きですが、投資もスポーツと同じです、不動産に全く興味が無いが上手い話みたいだからという人は、絶対にやらない方が良いでしょう。私など綺麗なマンションや分譲地など見る度に、全部自分のものだったらどんなにすばらしいだろうとよく思うものです。

とはいえ、『色即是空:物質的現象は空である。物には執着するな。』という教えがありますので、あまり物件の所有に執着せず、多くの人に安価で良質の貸家を提供して喜んで頂くというふうに考えて発展させて行くのが良いのではないかと思います。極端な物欲は身を滅ぼしかねません。

     次回part2に続く・・・"

戻る 目次 次へ

メインメニュー

物件検索

マンション物件リクエスト

不動産コラム・体験談

マンション関連法

困ったときは

会社情報

リンク集

リンクポリシー

当サイトはリンクフリーです。相互リンクも募集中です。
リンク依頼はEメールinfo2@chukomansion.netにてお願いします。

携帯サイト

QR_Code スマートフォンサイトは
こちら
スタッフ集合写真