不動産Q&A

Q & A

不動産に関する質問

(平成15年)不動産競売について

御社のH.P.を時々拝見しています。
不動産競売に多少興味があり、新聞等で見ていたのですが、競売物件の数がだいぶ少なくなっているようです。

入札も考えてはいるのですが、占有者の問題や落札予想価格などわからないことが多々あり、入札に至っておりません。
札幌地方裁判所の不動産競売の状況はどのようなものでしょうか?

北海太郎 さん / 札幌市

 
不動産に関する質問への回答

最近は不動産競売の情報もインターネットや新聞その他で
扱われ入札しやすくなりました。
しかし3〜4年前と比べると札幌地方裁判所競売の物件数は4分の1〜5分の1に減少しております。
札幌市内の平成15年8月13日開札分を例にとりますと
 土地     6件
 戸建    11件
 マンション 13件
 その他    4件    
----------------------
 合計    34件
 
34件は非常に少なく競争率が上り落札するのが難しい状況です。 34件の中にも占有者等色々な問題もあり、実際に入札可能な物件は8割程度でしょう。
一月に2回競売が行われますが上記の理由で優良物件には
入札者が殺到して(多い時では20〜30本の入札)素人では難しく厳しい世界です。

3〜4年前は一回の競売で150件くらいの物件があり
インターネットもなかったので競売もそれなりのメリット
もありましたが、現在は時間と労力の無駄と言っても過言では
ありません。

その原因の一つは住宅金融公庫をはじめとする金融機関が
競売よりも任意売却中心に動いているからだと思われます。
ですから競売に参加する場合は物件調査をキチンとしなければ
大きな出費をして火傷をすることにもなりかねません。

最近は悪質な占有屋も増えてきてますので充分な注意を!

山崎 勇司 / 宅地建物取引主任者


メインメニュー

物件検索

マンション物件リクエスト

不動産コラム・体験談

マンション関連法

困ったときは

会社情報

リンク集

リンクポリシー

当サイトはリンクフリーです。相互リンクも募集中です。
リンク依頼はEメールinfo2@chukomansion.netにてお願いします。

携帯サイト

QR_Code スマートフォンサイトは
こちら
スタッフ集合写真