教えて!Mr.アパマン 社員レポート

社員レポート

凍結被害

営業部 松本 憲

12月に入り雪の降る日も多くなってきました。札幌では128年ぶりに遅い初雪を観測するなど冬にしては暖かい気候が続いていました。
とはいえやはり12月に入ると天気予報で雪マークを見かける事が多くなったりと本格的に冬の季節が来るなと感じます。

ここ最近は気温差が激しい日が続いていましたが最高気温も0℃以下の日も出るようになりました。こうなると気をつけていきたいのは水道の凍結事故です。特によく聞くのは年末年始で帰省している間に水道管が凍結して帰ってきた時に使用しようとしたところ破裂・・・室内のみならず下の階まで浸水被害が・・・という事案です。特に本州などから来た方で冬を経験したことがない方は気をつけてください。冬場に長期でお部屋を空ける場合などは事前に水抜きをして被害を防ぐように注意して下さい。

1日、2日だとしても急激に気温が低下する日や水道管が外壁沿いに通っている物件などは注意が必要です。外壁沿いに配管が通っている物件は外気の影響を受けやすく建物内部に配管が通っている物件に比べると遥かに凍り易いです。こういった物件にお住まいの際はたとえ1日しか空けないとしても念の為、水落としをしておいた方がいいと思われます。

 
社員レポートページに戻る このページのトップへ

メインメニュー

物件検索

マンション物件リクエスト

不動産コラム・体験談

マンション関連法

困ったときは

会社情報

リンク集

リンクポリシー

当サイトはリンクフリーです。相互リンクも募集中です。
リンク依頼はEメールinfo2@chukomansion.netにてお願いします。

スタッフ集合写真