教えて!Mr.アパマン 社員レポート

社員レポート

北海道の「窓」について

営業部 大原 鉄矢

 北海道も本格的に寒くなってきました。厳しい雪との共生が避けられない札幌をはじめとした寒冷地では、窓の性能はとても重要です。温かさを取り入れるためには充分な大きさが必要ですが、これは同時に激しい冷気も取り込みます。機密性が高くなった住宅では、窓と部屋の温度差がさらに大きく、結露の問題を考えなければなりません。
 窓を変更すれば断熱効果が高まり、結露問題を改善できる上、省エネにもなります。
 北海道では以前から「二重窓」呼ばれる窓のサッシを2組(内窓、外窓)用いて断熱効果を高めた窓が使われていましたが、枠の材質によって効果に差があります。
 外窓、内窓も木枠の場合は効果が薄く、樹脂サッシと複層ガラスの窓への交換すると同時に、壁、床の断熱化をはかることで、暖房費の支出は大幅に減るようです。
 外窓がアルミサッシ、内窓が木枠またはアルミサッシという場合、窓全体の交換には、窓の補強が必要なケースもありますが、内窓交換は比較的手軽にできます。
 家族が多い、排気のない灯油FFストーブを使っているなど、湿度が高くなってしまう住環境では、ペアガラスでも結露が発生してしまうことがあります。断熱窓にさらに内窓を設置し二十窓にすると、空気層が厚くなるため熱伝導率がより低くなるとのことです。
 北海道でリフォームをご検討される際は「窓」にも注目してみてください。

 
社員レポートページに戻る このページのトップへ

メインメニュー

物件検索

マンション物件リクエスト

不動産コラム・体験談

マンション関連法

困ったときは

会社情報

リンク集

リンクポリシー

当サイトはリンクフリーです。相互リンクも募集中です。
リンク依頼はEメールinfo2@chukomansion.netにてお願いします。

スタッフ集合写真