教えて!Mr.アパマン 社員レポート

社員レポート

中古マンション(2011/12)

営業部 古谷 和博

 よくお客様に来店されると、当社の壁の掲示してある中古マンションの価格を見て思っていた以上に安い物件があるのに驚いて、賃貸物件を探しに来たのに売買物件の商談になったりする事があります。
 ご利用される期間や理由によって様々ですが、期間に限りが無く複数年の入居を考えていらっしゃる方だと場合によってはその期間の家賃等で、物件を購入できる位、支払われる方もいらっしゃいます。
 先日も現在、賃貸物件に入居されている方から問い合わせがあり中古物件に興味があるとの事でした。
 いろいろ、お話しをさせていただくとこれからの何年間は今まで通り家賃を払っていくと自分名義のマンションを買えるのではないかという事でした。
 実際に他社の物件も見ていてある程度の費用等の目安がわかっていらっしゃる方でローンの方も仮審査も終わっていらっしゃる方でした。
 あとは、マンションの立地や通勤の便利さ、買い物が付近でできる等の条件があえば購入されたいとの事でした。
 よく私も当社にご来店される方に、家賃を払うのと中古マンションを買うのとではどっちが得ですか?と聞かれる事があります。
 実際に入居される方の職業(転勤の有無)や家族構成、それと一番の問題は今、住んでいる所からどのような理由で引っ越しを考えていらっしゃるかだと思います。
 確かに自分名義の物件を所有するという事は、一生に何度も経験する事ではないのですが、中には今の場所に飽きただとか、家賃を払うのが勿体ないと思っている方も少なくないと思います。
 もし購入するのであれば少なくてもある程度は入居されなくてはならないですし、賃貸に回すことも当然考えられますが、家賃が掛からない代わりに固定資産税や室内の設備が故障すれば当然費用等が発生します。
 ただ、壁紙等の内装は自分の好みにリフォームする事も出来(管理規約を順守)ますので賃貸物件と違い、汚しても揉めるような事もありません。
 自分の城となる物件ですので、いろいろ検討されている方も多いと思いますがご自分の生活設計を見直して判断していただければと思います。

 
社員レポートページに戻る このページのトップへ

メインメニュー

物件検索

マンション物件リクエスト

不動産コラム・体験談

マンション関連法

困ったときは

会社情報

リンク集

リンクポリシー

当サイトはリンクフリーです。相互リンクも募集中です。
リンク依頼はEメールinfo2@chukomansion.netにてお願いします。

携帯サイト

QR_Code スマートフォンサイトは
こちら
スタッフ集合写真